小さなお子さんから大人の方までご家族皆さんの虫歯の治療をお受けしております。
当院では、虫歯などの一般歯科やその他の治療前において、無痛麻酔の技術を導入しています。現代の歯科医療は痛みを軽減するさまざまな工夫がなされていますので、虫歯を放置せずなるべく早めの受診をおすすめいたします。

無痛麻酔による治療

以下のような設備や材料、そしてドクターによる経験とコツで麻酔時の痛みを軽減いたします。痛みの感じ方に個人差はありますが、お気軽にご相談ください。

表面麻酔ジェル

表面麻酔ジェル

事前にジェル状の表面麻酔の薬剤を歯ぐきに塗布します。これにより歯茎の表面の感覚が鈍りますので、注射針のチクッとした刺激を軽減する効果があります。

麻酔を温めるウォーマー

ウォーマー

事前に専用のウォーマーで麻酔液を人肌の温度に温めておきます。体温と麻酔液に温度差があると、どうしても違和感や痛みを感じてしまいがちです。無痛麻酔の大事な工程です。

33ゲージの極細針を使用

極細針

一般医科の採血用に使う針は20ゲージほど。このG(ゲージの)の数値が大きくなるほど、針の径は細くなっていきます。

当院の麻酔で使う針は33ゲージと麻酔で使用できるもので一番細いとされている物です。これにより刺激をさらに軽減させております。

自動麻酔注射「アネジェクト」

アネジェクト

コンピュータ制御で麻酔液を一定のゆっくりした速度で注入する注射器「アネジェクト」を導入しております。麻酔時の痛みを軽減させるのに一番大事なポイントは「とにかくゆっくりと」です。一気に麻酔液を歯ぐきに入れないことが違和感や刺激を軽減します。

当院のドクターは手動の麻酔でも痛みを軽減させるコツを得ています。ケースにより手動と自動を使い分けています。麻酔注射は、おおよそ5分間麻酔を効かせるまで十分に待ってから治療に入ります。

虫歯治療後の詰め物の治療

コンポジットレジン充填(CR)

コンポジットレジン

ごく初期の虫歯であれば、エナメル質の部分だけを小さく削り、白いプラスチック素材のペーストを詰めて固めるコンポジットレジン充填で治療を行うことができます。こちらは保険治療で行うことができます。

インレー(詰め物)やクラウン(被せ物)

インレー・クラウン

虫歯になった箇所を取り除いたあとは、虫歯の大きさによって詰め物や被せ物の処置を行います。

⇒インレー(詰め物)について

⇒クラウン(被せ物)について

根管治療(神経の治療)

根管治療

虫歯が歯の神経まで進行している場合は、まず詰め物・被せ物治療の前に根管治療を行う場合があります。浸食した神経をキレイに取り除きお薬で数回に分けて消毒し密閉します。その後、インレー(詰め物)やクラウン(被せ物)の処置を行います。

歯自体の痛み以外に歯茎の痛みや傷、腫れ、詰め物・かぶせ物が取れた・外れた場合など、虫歯の状況、お口の症状は人それぞれ異なりますので、丁寧に診断させていただきます。

子どもの虫歯について

女の子

当院では、子どもの虫歯治療・予防に特化しています。子どもの虫歯に関しては詳しくは子どもの虫歯治療・予防のページをご覧ください。

⇒小児歯科について

外観

〒290-0004 千葉県市原市辰巳台西2-3-3

辰巳台こどもおとな歯科

初めての方でもお気軽にお問い合わせ・ご相談下さい0436-37-58889:30-12:30/14:00-18:30 *土曜17時迄 水日祝:休診
  • アクセス・地図
  • お問い合わせ
  • 駐車場10台分・医院前に完備
  • JR内房線「八幡宿駅」
    京成千原線「ちはら台駅」
  • 八幡宿駅より小湊鉄道バス約10分
    「辰巳公民館前」 停留所より徒歩1分以内

診療時間
土曜は17:00まで